読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White-sillagor’s diary

キス釣り主体で魚釣りについてゆるーくかいていきます。

2016年5月1日(日)金沢八景

今日も勉強できたことが多いし、自分の中での閃きもあったりと贅沢な釣りになりました。本日も知恵を分けてくださった常連さんの皆さんに感謝します。
 
長潮
6:13干潮
10:56満潮
18:12干潮


午前は終わりまで凪たので中ノ瀬18mでやりました。今日のテーマ錘を動かさず定点でシェイクや小突きを入れてから張り気味止め待ちを意識してやりました。
アタリはかなりショボいものが多く止め待ちを10秒長くていれてから超ゆーっくり聞きあげにコツ……コツを更に持ち上げて乗らせる事が多かった気がします。
もちろんフォールで食ってくることもあったり、止めてる時にクックックッやビビビビィのアタリがあったりアタリ方は今まで弛ませていたこともあり様々で面白かったです。
小突きやシェイクで魚が見ているようでその後に何かしらのレスポンスがあったことが印象的でした。すっぽ抜けは少なく掛かりもよかったのですが乗せきれない事が多かったです。これに関しては上乗りさんに合わせの方法を直伝していただきました。
そして、上乗りさんに試しにともらったパワーイソメソフトの凄さに笑っちゃうくらいの感動を覚えました(笑)
今まで気嫌いしていた人工餌。抵抗はあるんですよね〜と度々漏らしていましたが、使ってみると本物餌とかわりないです。むしろこっちの方がいいです。その心は、まず餌持ちが良い。そして細さがイソメのしっぽくらいなので、しっぽの方を使いたくなる食いが悪い時にはもってこい。どうしても本物のしっぽは、もろくすぐなくなってしまいますがこのしっぽはなかなか取られないですから。今日やった感じでは弱点がわからなかったです(笑)食わず嫌いはいけませんね(笑)
午前は30ジャスト。頭41で名手の方々30尾代で4番手かな?だったので健闘した方と思いたいです。

午後は捜索隊でした。住友の岸壁沿い、小柴の少し北へ行ったところで流しましたがキスからのレスポンスは一回怪しいのがあっただけで近場はまだ時期尚早みたいです。
一時間捜索隊やって見切り、予報とは裏腹に凪の中ノ瀬へ。
開始から釣れることは釣れるんですが、常連さんのようには釣れません。空白タイムがあったりとハマり切らずな感じでした。途中弛ませ〜聞きあげあたり完知が良かったりして様々悩んで20尾フィニッシュ。頭51なので釣れなさすぎです…

今回の課題
手返しの悪さ、体全体での合わせ、パワーイソメソフトを持ってくること(笑)
もたれをしっかりものにすること

他にも多々細かいところありますがまずはここをしっかり修正です。

f:id:White-sillagor:20160502094535j:image
50尾ジャスト。時速10匹安全運転すぎました(笑)
そして、ムシかな〜とおもったらタマガンゾウビラメでした(笑)初めてです
ムシの子供は今日はよく釣れましたがリリース
マコの子供も中ノ瀬で二匹放流しました。
平い魚が今まで一番釣れました(笑)

前回から1割くらいので割合で成熟したキスの卵が見受けられました。ただまだほとんど未成熟でしたね。あと、今日はハッキリした白子を持つ個体二匹いました。もうすぐ初夏の訪れかな(´Д` )

以上!!