読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White-sillagor’s diary

キス釣り主体で魚釣りについてゆるーくかいていきます。

改・胴付き一本針

前回、左ミヨシに釣り座を構えての釣行後に右ミヨシの常連さんが帰りの船程で、面白い仕掛けを伝授してくれました。

普段はPEラインが竿の穂先に絡まないように先糸としてホンテロン2号を1.5m(1ヒロ)くらい結んで、その先にヨリモドシをつけ以前の記事に紹介したような仕掛けを結んでました。

今回伝授して頂いた仕掛けは、先糸にクロスビーズを結んでしまう。
つまり、エダスのみ替えの物を用意するだけで良いというものです。

整理すると、
今までは先糸にヨリモドシを結ぶ。そのより戻しに捨て糸10センチ、エダスからサルカンまで40センチくらいの仕掛けをサルカンを介してヨリモドシに結んでいました。

改編は先糸にクロスビーズをつけ、捨て糸10センチ。このクロスビーズに通すエダスを用意するだけ。

しかもチョイ投げするに、サルカンとヨリモドシが無いため、垂らしが少なく投げやすくなる利点があります。

次回はコイツを試してまいります。


〜針について〜
前回、常連さん達御用達のキススペシャル8号茶を使用してみました。
弱点がなかなか見つけられませんでした(笑)すっぽ抜けない(食いの問題かもしれませんが)、掛かりも良いし、餌も思い通りに付けれる。

ここから当面は、コイツを使おうと思います。また何かのきっかけで他の針を使うこともあるかもしれませんが、今はキススペシャルで修行したいと思います。

以上!!