読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White-sillagor’s diary

キス釣り主体で魚釣りについてゆるーくかいていきます。

2016年12月17日(土)金沢八景

雰囲気が今週から出てきた中ノ瀬で記録更新とステッカーをもらいに行くと意気込んでやって参りました。

 

 中潮

 満潮7時30分

 干潮13時00分

 

 去年のプレ落ちの時よりも簡単には釣れませんでした。

胴付き1本針、ハリス40cm捨て糸15cmで開始するも周りの天秤釣行者がスタートダッシュ決め、天秤に変えるまでの15分ロスしてしまいました。ただこれで粘らず天秤(振り分け60/25)に素直にやり尽くして交換したこともあり今日の釣課につながりました。また名人Nさんも胴付きはなんか全然ダメだね〜と下船後談ですがおっしゃってましたので早めに決断をするという前回の反省が生きた点でもありました。 

天秤は今日は軸とした釣りかた以下のようです。

 

①たるませ気味のゼロテンションで仕掛けを馴染ませる(ここでレスポンスを稀に感じた。その時はそこから大きく合わせ気味に聞きあげてモノにしました。)→ユーックリききあげる。→30cmくらい持ち上げたら止めて辺りを待つ。→そんでこなかったら仕掛けをフワフワうごかしてみる。するとズコンッ

 

②底を叩いて煙幕をだしてからゆっーっくり聞きあげ。かなり効果的であった。

 

いずれも聞きあげる前までに待ちを意識してからやると効果的でした。

 

今日はほとんどの魚を重りをそこからうかした状態で釣りました。そこにつけてても辺りはあることはあるのですが取れる辺りじゃないんでブルブルきて取れないならメンタルにも響くし、取れる辺りが多いうかした釣りに割り切ってやりました。

あたりの出るタイミングは思い通りでしたがどうしても連発といかず時間があいてから次の魚が釣れるという展開に陥ってしまったのでこれも数が伸ばせない要因でした。

舟下をせめても釣れることは釣れるんですが間が空いてしまうので、多少時間がかかるけどちょい投げして確実にあたりを出しに行って釣れ方がよかったです。

 

僕の釣りを見ていた船長のご好意で柔らかめの竿照楽Specialを12時過ぎからかしていただいたのですが、やっぱ僕の好みは硬めの竿かなと思いました。もちろん柔らかめの竿だからとれた魚もあります。たとえば硬めの竿なら弾いてしまうようなレスポンスもクッションになってかけることもできました。でも柔らかい分大きく合わせなければと感じたので硬めの竿なら今の辺りかけれたなぁと思うことも多々あったので

 

 

今日の展開は午前中やはり魚にうまく対応しきれず12時頃にNさん106、自分59という展開でした。後半は今日の傾向を意識してやることをきっちりやって終わればNさん177、自分122と大差を後半はつけられずついていけました(笑)

 

隣に二本竿の二本とも置いて座って見てる御仁が居ると怖いのですが今回その怖さがあたりケアレスな置き竿を3回かけてしまいました。勿論それのせいにするわけではありませんが自分はここで3回とも仕掛けを切る羽目に。なさけないですが言い訳させてください(笑)かわす技術も必要ですが

 

次への課題は、やはり手返しが一番です。今回は天秤の25のほうのハリスがしょっちゅうからまって煩わしかったので実質ほとんど天秤は60の方の一本針でやりました。一本針でも手返しよくまだまだ改善の余地があるのでその辺きわめていきたいです。

あとはもっと早急にその日の傾向を掴むこと。

毎度同じような反省ですが、やはりつくづくこの辺が違いかなとおもいます。

 

f:id:White-sillagor:20161218095409j:image

 

 122匹でステッカーゲット!

 

 

以上!