読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White-sillagor’s diary

キス釣り主体で魚釣りについてゆるーくかいていきます。

2016年10月4日 金沢八景

9月は釣りに行きたくても行けない歯痒い週末が続き一回のみのキス釣行となりまして一月ぶりの釣行になります。
今日は創立記念日ということで釣友を連れて修行して参りました。

中潮
満潮6:35
干潮12:32

小柴沖(福浦岸壁)テトラ帯沖→ヘリポート沖→
おきのねブイ→ヘリポート沖→テトラ帯と一日通して回りました。
魚は沢山います。
ただ種類がクラカケトラギスです。(笑)
胴付に変える11時くらいまで当たりが無かった投擲は一度もないくらいクラカケトラギスがくってきました。
あと、フグ!!沢山!!針がない…

もう、クラカケトラギスとフグと時々チャリコに餌やりしてる状態(笑)今日何匹コイツら釣ったことか…

そういうわけで胴付に変更しました。
それと釣友はおきのねブイ移動後から胴付パターンを見つけたようで右舷一人でリールを巻き続けてたので。ということもありまして。
胴付に変更する前まで、2時間で23匹とまぁまぁな滑り出しで、その後の一時間ヘリポート沖は最悪。キスらしき当たり無しで一荷でクラカケトラギス連発or針がないor赤い魚!!

後半3時間は胴付でやり通しました。
おきのねブイが一番レスポンスがあり、胴付を躍らせて見せて張りながらorゼロテン待ちでくってきました。小突いてもあまり意味がなかった印象です。
胴付だとある程度クラカケトラギスを避けられました。ただ天秤にくらべて割合が減るだけでよくあたってくるし釣れました。



天秤は誘って止めてをメリハリつけてたまにカラ合わせも取り入れつつの誘いでした。
ラインを常に張ることも意識しました。




しかし胴付後半3時間で8匹と貧果に帰すのでした。

下船後頭の方に聞くと、天秤でやり通して張りすぎずに止めて待ってたら向こうから来たとのことでした。

悔しすぎる明日にでもリベンジ行きたいくらいです…

とにかく今日の釣りは疲れました本当に(笑)


勝因はクラカケトラギスにめげずに天秤でやりとおすことにあったと考えて今日は閉じます。


f:id:White-sillagor:20161004231509j:image
今日の主役達
1つの針に揃ってかかるとは…彼らのポテンシャルの高さを物語ってます(笑)


31ぴき!(泣


以上!