読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White-sillagor’s diary

キス釣り主体で魚釣りについてゆるーくかいていきます。

2016年1月29日(金)大磯港

雨風降りしきる真冬の大寒波が襲う中また、めげずに釣りバカは港へと向かうのでした(笑)

港はこの陽気もあって貸切状態。
初めは、キスとか底物を狙おうと東堤防の外洋で一時間くらい遠投や、ヘチ釣りしましたが生命反応なく…

西堤防は、波浪警報発令のため開門せず…

どうしよう…

途方に暮れていたが仕方なく港内で大人しく釣りを再開しました。ちょい投げで生命反応を感じ、ようやくサビハゼをゲットしました。。。(笑)サビハゼを数匹そろえてから地元の釣り人が何かサビキを投げで、凄いしゃくって巻いてくる釣り方で参戦してきました。こんな釣り方でなにか釣れるのかよ…と(笑)だいたい地元の釣り人はその地の釣り方もしってるし魚もその地特有の特性もわかっているのでカマスを釣り上げました。地元の釣り人はとても優しく釣り方や仕掛けまで全て丁寧におしてくれ、更に寒さに震える我々を気遣い暖かいミルクティーを買ってきてくれました。ほんとに感謝感謝です!
早速近くの釣具屋でカマス専科という仕掛けを購入し投げでしゃくりまくると、ゴツンッとアタリがでるも乗らず、、、
三投目でついにカマスをあげれました!しかし、群はあっという間に居なくなるのですぐつりなくなりました(´Д` )

それからというものの、キスやメゴチ、サビハゼを釣り迎えた夕まずめ。めげずに仕掛けを投げしゃくりまくりついにまたカマスを手にすることができました。

朝6時から夜6時までの12時間釣行。
試練のような修行的要素満載のつりでしたが楽しくできました(笑)
f:id:White-sillagor:20160130131356j:image

以上!