読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White-sillagor’s diary

キス釣り主体で魚釣りについてゆるーくかいていきます。

2015年12月25日(金)金沢八景

前回の記事で紹介した通りの延長戦でございます。アツアツな中ノ瀬20mで、前代未聞の魚影を目の当たりにするのでした…

大潮
干潮10時41分
満潮16時05分

金沢八景駅に到着した6時頃はまだあたり真っ暗で冬の到来を感じました(笑)
船宿に到着する頃には釣行者がすでに何人かいらっしゃり、四隅は厳しいかなと思ったんですが、幸い最後の右ミヨシに釣り座を構えることができました。到着してからはシロギスファンによる釣り談義に花が咲き、この話を聞けただけでも帰っていいかなって思うくらい充実した待ち時間を過ごし出船時間を迎えました。
20分走り、中ノ瀬20mへ。仕掛けは一日中 通して結局胴付1本針で頭付け作戦です。事前情報の通り当たりの応酬でした。下潮の効いてる時間は、舟下ゼロテンションでの待ちの釣り、時々ゆーくり大きく聞きあげると当たりがでました。時速20匹ペースで、ポツポツと上げていき潮止まりを迎えました。潮止まりは、小突いたり待ったりした後にゆーっくり聞き上げて、重りを20センチくらい浮かせた状態をキープする釣り方がハマり時速20匹の安全運転をすることができました。ただ、パックンチョ系やシロサバフグが活気付く時間でもありました。
午後からは予報通り風とうねりで、難しい釣りを強いられました。ただ、慣れてしまえばこっちのもんであって、今日の誘いパターンを落ち着いてしっかりやればあたりは出たのでこの点は前回の時化課題の克服になったかなと思いました。そして、いよいよ2時30くらいに念願の束に到達し、そこからラスト33匹上乗せして時化で早上がりながら133匹フィニッシュ。ようやく15回目の釣行にして束釣り目標を達成できました。
サワリやモゾモゾ、を当たりに変換して「釣った」ことは釣果にも結び着きました。
しかし、まだ取りきれない当たりが沢山あり自分に腹が立ちました(笑)餌を小さく(垂らし2センチくらい)することで、対応できたりはしたんですが、それでも乗せきれられない当たりが多かったことは一番の今日の反省です。特に、餌をを弾くようなビュビュビュンッ!ってな感じの瞬間的な当たりは下手したら一つもとれなかったかもです。当たりを出すコツ、当たりに変換するコツ、当たりを乗らせるコツ、すっぽ抜かさないコツ…たかが一匹の魚、されど一匹の魚。確実に取らなきゃと思えば思うほどこの釣りは伸び代があると改めて感じた一日でした。
仲良くしてくださった、乗船者の皆さんありがとうございました!

f:id:White-sillagor:20151226124446j:image
133匹
f:id:White-sillagor:20151226124505j:image

〜おまけ〜
潮の効いてる朝の時間帯にかかったキスがなんらかのフィッシュイーターにかじられました笑f:id:White-sillagor:20151226124628j:image
f:id:White-sillagor:20151226124703j:image
すっぽ抜けた感じがしたんですが魚が付いていたので不思議におもったところこの様でした。

f:id:White-sillagor:20151226124842j:image
捌きごたえがありましたね(笑)

以上!