読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White-sillagor’s diary

キス釣り主体で魚釣りについてゆるーくかいていきます。

2015年9月19日(土)金沢八景

前日の津波が今日にあたらなくてホッとしての釣行です(笑)海は何があるか分からないので改めて万全な安全を意識せねばと感じさせられました。

天候は曇り/晴れ
小潮
満潮8:14
干潮13:55

電車釣行なんですが、赤い電車の最前両に乗り前面に広がる風景をみながら目的地に向かうのも僕の楽しみの一つで、今日もいつものポジションで乗車客皆が疲れ切ってる中1人興奮しながら目的地への歩みを進めました。

今回は右トモでのイメージを膨らませていたのですが先客がいらっしゃったので、次に試してみたかった左ミヨシに釣り座を構えます。車釣行の御仁には電車組は速さではかないません(T . T)

今日使用した仕掛けは、捨て糸10㎝下枝ス40㎝、50㎝あけて上枝スも40㎝でその上にすぐ、サルカンを付けての短い仕掛けです。
幹糸はフロロ2号で、枝スはフロロ0.8号です。重りは船宿指定の15号です。
針は競技用キス6号赤半ひねりで吸い込み重視です。実はg社のキススペシャル7号茶を試してみたかったのですが発注が間に合わず自分のお気に入りで今日もやることになりました。ビーズなどの装飾は前回フグの猛襲にあったので今回はつけませんでした。
餌は頭を落とし中指第二関節くらいの長さの垂らしでそれから臨機応変に長さは変えました。あ、後僕はM社の集魚効果のある滑り止めを使用します。

ここからが本題の釣行です。
結果から言うと惨敗です。今の僕の出来る限りの最大限の力を使い果たしました。最大の反省点といえば、超ショート仕掛けです(笑)しっかり一本針で丁寧につらなきゃ、二本針でのトラブルリスクを回避できませんし、手返しも悪くなる一方でした。
釣果は27でした。今日は裾が10で頭が51。
ポイントは小柴沖の10m前後で、船長恒例の潮が流れてない注意報が何度かでました。序盤は時速10匹ペースで、渋い割に少し感覚は掴めてました。2、3回小さく誘ってゼロテンションで待つ。10秒から20秒くらい待った後で大きくゆっくり聞き上げるとキス特有の当たりがでました。ただ、それからというものの何回か筋を変えて流し変えるものの単発の拾い釣りで思うように伸ばせませんでした。また魚も固まってないので連発があまりなかったです。今日見えた課題として、外道対策を勉強しなきゃなと思いました。パックンチョ(イトヒキハゼ、サビハゼ、クラカケトラギス、オニアマダイ、)とフグ(クサフグ、ショウサイフグ、サバフグ)にやられまくりましたから。パックンチョの当たりはキスと全然違うので、いかにキスじゃなくパックンチョ達に餌をさそってしまっているのかが顕著にわかりました。フグ対策はどうしようもないのかな?(笑)ですが針を切られたり、ダメにされたり…

今日の頭の常連さんに話を聞いたところ自分とやってることはほぼ同じでした。でもほぼダブルスコアでやられてますから自分が気づけていない欠点があることに違いはありません。少し心当たりがあるのは広く探らなかったことです。突っ込みの潮先になることがおおかったので舟下狙いに徹しすぎたきがします。
ちなみに頭の方も胴付きなので自分と状況はおなじです。

今の時期は連日の釣果をみていてもなかなか数が伸びてないし、ホームページでも自信のある方は挑戦してくださいとのことだったので難しくなることは予想してました。今日の頭の方も釣れない日だったといっていたので、この状況をこれからどう打破するのか試行錯誤していくのみです。これだからキス釣りは面白いです(笑)またこれから勉強あるのみでいつの日にかはアドバイス出来る立場の人間になれたらなとおもいます(笑)

f:id:White-sillagor:20150920030800j:image
27匹

f:id:White-sillagor:20150920030831j:image
キョウイチの25㎝

長々と今日の釣り談にお付き合いいただきありがとうございます。まだまだ束釣りへの道のりは長い…